プット売りのリスク ほぼホラー②

オプション戦略

これはこのブログでも一番読まれている以下の投稿のパート2になります

プット売りのリスク ほぼホラー

今回は尊敬する北浜投資塾の守屋 史章さんの以下の動画をもとにしたものです

勝率は高いがリスクの高いポジションだということを知らずに安易に手がけて大きな損失が発生した事例

その中でも一番悲惨なものをピックアップして紹介します

2011年 3月

日経平均現在価格 10170円

C11500  売り 1円  100枚

P7500  売り 1円  100枚

*今は50枚に制限されていますが当時は最大100枚まで売買することができ証拠金もそれ程高くありませんでした

CALLは現在価格から約1500円以上

PUTも約3000円以上離れており

11500円から7500円の間に日経平均が収まった場合に

CALLから10万PUTから10万の合計20万の利益になる

勝率9割といわれる無難なショートストラングルという戦略です

おそらく、この方は毎月20万の利益を同じ方法で得ていたのかもしれません

その後、あの311大震災がおこり、原子力発電所が爆発しました

そしてPUTの証拠金が2000万円まで膨らみました

もちろん、この金額を用意できれば何の問題もないのですが

これだけの金額を用意できる方がどれだけいるでしょうか

もし用意できない場合は強制決済となり

証拠金も払う必要があります

さらに、この時の日経平均価格はPUTの7500円よりも1500ほど高い9000円付近であったのです

結果的に4月8日のSQ値は9612円で終わっており

その時に証拠金2000万を用意できれば、P7500は助かっていたのです

ただ、このような有事の時は、板から買いが消えます

よって損切りしようとしても、できない可能性が高いのです

さらに、自動売買などで、一定価格になれば成行買い、指値買いなどしていた場合も

板に買いがほとんどないわけですから

とんでもない価格で損切りされている可能性があるのです

これほどの有事は今後ないかもしれませんが

PUT売りのリスクは理解しておいたほうがいいと思います

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント