5月10日朝更新、海外勢のオプション建玉状況

日経オプション海外勢建玉状況

海外勢の先物の手口の情報を見ていきたいと思います。
これはいつも参照させてもらっている、高田資産コンサルティングのリンクです

5月10日朝更新、海外勢の先物手口、オプション手口、クロス取引、日経225先物、日経225オプションの手口の読み方 - 高田資産コンサル流「日経225先物・オプションの需給分析の実践方法」 - 投資ナビ+ - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle
(1)5月7日(先週末)の海外勢全体の先物手口は、上図の通りで、 海外勢全体は買い越し、ゴールドマンは売り越し、クレディスイスは小幅売り越しであった。

※これは私個人の見解であり、各ヘッジファンドの戦略をすべて把握していないので、建玉を見た限りの私の推測であるということをご理解願います。

まずコールオプションの建玉です

依然として一番大きいのは30000円のコール売り、日経平均先物が30000円以下でSQ確定日をむかえると総どりのポジションです

同じくらい大きいのは29000円のコール買い、29000円以上になると利益が出るポジションです

次は29500円のコール売り、29500円以下に収めればゴールドマンは総どりですが、

今5月10日朝の時点で29600円をこえてきてますので、

このあたりの攻防になるのではないかと思います

次にプットオプションの建玉になります

28625円のプット売りが一番大きいですね、これは28625円以上でSQ確定日をむかえればゴールドマンの総どりです

次に、依然として、ゴールドマンの29750円のプット買いと29250円のプット売り

この間、もしくは29250円以下になれば利益となるポジションです

5月7日朝更新、海外勢の先物手口でも述べましたが、29750円のプット買いのコストを下げるために29250円のプット売りでカバーした、デビッドスプレッドという戦略かもしれません

これらをまとめると

30000円以下でSQ確定日を迎える確率は高い

29000円以上でSQ確定日を迎える確率は高い

29250円以上29750円以下でSQ確定日を迎えるかどうか

個人的には29500円以上、30000円以下にSQ確定日を迎える場合に利益が最大になります

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント