とりあえず反発、200日線と5日線をこえてこられるか

市場状況

S&P500は本日の日本時間は反発

皮肉にもヘッジ目的で買っていたデビッドスプレッド

C27250買い、C27750売りがいいヘッジとなりました

今現在は200日線をタッチするかどうかまで回復してきています

とりあえず、自律反発したので

もし、S&P500がこれから200日線をこえて

5日線もこえてくるようであれば、本物の回復かもしれません

ただ、いまのところはVIXも高いまま

さらに、今夜の米国時間でどうなるか見てみないとわからないと思っています

経済評論家などの話によると、26日午前4時のFOMCの結果発表を受けて

想定以上に悪くない場合は、出尽くしで相場は買い転換となるということですが

さてどうなるでしょう

日経平均はというと

午前中、S&P500が強かったにも関わらず、売られていましたが

午後になり、徐々に回復し

回復力としてはS&P500より強く感じました

ラジオ日経によれば、バリュー株に押し目買いがはいったという

いつもの便利な言葉で説明されていました

200日線と5日線をこえてくるまでは、反転とはいえないと思っていますので

上に行った場合のCALL買いやPUT売りはそのままにしたままで

先週買ったPUT買いについては損切りを付けて、そのまま保有にしておく予定です

ちなみにこういうボラティリティが高い状況でPUT売りの枚数が

PUT買いより多くなるようなボジションは私はとりません

ボラティリティの高い時はPUT売りが高くなっているので

とても魅力的に見えますが

それは罠です

ファーならイン・ザ・マネーにならないと高をくくってると

イン・ザ・マネーになる前に証拠金不足で強制決済になる可能性があるので

必ずヘッジはつけるようにしてください

ボラティリティが上昇してる時の証拠金は想定外の値になる場合があります

海外勢の売買動向を見ておきましょう

ゴールドマンの日経平均売り意外は特に特記することはありません

オプション手口を見ると

P27000を売ってるので下げで利益を上げるPUT戦略カバードプットかもしれません

いずれにせよ、まだ大きなポジションではありません

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-75-1024x93.png

いつも推薦している以下の本がAmazonで通常価格から半額以下となっているようです

是非この機会に読んでください

私のオプション戦略の基礎ははほぼこの本からと言っても過言ではありません

何回も読んだ書籍の一つです

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

BITPOINT

SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント