2ヶ月単位の戦略 カレンダースプレッド コール編

オプション取引の基礎

カレンダースプレッドについての投稿が関心がある方が多いようなので

難しいようで単純なプット買いカレンダースプレッド

前回のプットのカレンダースプレッドに引き続き

コールのカレンダースプレッドについて書きたいと思います

基本的に期近限月のオプションボラティリティーが期先限月より高いときはいつでも

カレンダー・スプレッドを仕掛けるチャンスになると思います

*ただIVがピークをうって下落傾向にある時でなければ期近のIVが想定以上に高くなり

期先ではカバーしきれなくなる場合もあります(特に期近と期先の権利行使価格が近い場合)

仕掛けるタイミングとしては大きな下落が終わってIVが下がりだしたころで

SQ日まで日にちがないタイミングが一番いい仕掛け時かもしれません

ただ現在は期近限月コールのIVはそれほど高くありませんので

IVを考慮しない例となるのでご了承ください

10月後半から12月後半というのは1年でも最も株価が上昇しやすい時期

さらにその直前の10月後半までは株価が最も下落しやすい時期と言われているので

これから2ヶ月単位の戦略としてはコールカレンダースプレッドが有効かもしれないという独り言です

カレンダースプレッドとは

12月限(期先)は11月限(期近)に比べて期限が長いため

タイムディケイの影響による減価が少ない

これを利用した戦略になります

ここでは通常は同じ権利行使価格のオプションを売買することが多いですが

それだと仕掛ける時期が限られてくるので(レンジ相場でしか使えない)

ファーオプションとの組み合わせたオリジナル手法を紹介しています

日経平均が上昇した場合に利益がでる戦略なので

今年は米国が利上げ予定のため、日経平均も上昇しないという可能性も十分あります

いつもと同じくここでは売買推奨はしませんので、自己責任でお願いします

では、実際のコールのカレンダースプレッドについて

これはアットザマネー付近の買いと500円上との売りのペア

C29250 12月限コール買い

C29750 11月限コール売り

を組み合わせたものです

弱点としては期限が長い分12月限の価格が高いと言うことです

同じC29250の11月限が530円なので180円高いです

よってもし次月まで持ち越す場合は

同月を買うのと比べてカバーしなくてはいけない費用も大きいです

期近のSQ決済で期先も決済するのが簡単な場合があります

損益チャート、以下を見ると

最大利益は90円、最大損益-410円なので

この弱点をカバーするために売り枚数を増やす方法があります

✳︎実際の必要委託証拠金はもっと少ないはずですがSBIではなぜこの設定なってるのかわかりません

最初からコール売りを2枚にしレシオスプレッドにして

最大利益390円、最大損-110円にするして利益を増やし損を減らす方法もありますが

日経平均が想定異常に上昇した場合は証拠金が高くなるリスクがあります

今現在は相場が上昇基調なため、

追加分はさらに上昇した場合まで待った方がいいかもしれません

例えばさらに上昇するのを待ち、C29750を売るのではなく

C30000を同じ300円で売るという手もあります

29750円あたりで頭打ちになり下落すると思うのなら

初めからC29750売り2枚のほうが有効な戦略になります

11月限のSQ日までは約4週間と長く

コール売りのタイムディケイの明確な効果が始まるには時間がありますのでそれも考慮願います

コール買いは12月限なので失敗して相場が29750円以上でSQを終えたとしても

次月までコール買いの期限は続くので次月の売りでカバーすればいいという安心感はあります

他の方法としては初めから500円上のコールではなく750円上のC30000を売ると言う方法です

最大利益はより大きくなりますが

C30000は225円ですので買いとの差し引きの費用が高くなり

思い通り上昇しなかった場合にSQ確定日の最大損(費用)が

売り一枚では710-225=485円、二枚では710-550=160円になりますので注意してください

これらはアイデアの1つで、買い推奨をしているものではありませんので

実際の売買は自己責任でお願いします

カレンダースプレッドに関連する投稿

カレンダースプレッド成功例と失敗例

タイムディケイの特性を生かしたカレンダースプレッド戦略

難しいようで単純なプット買いカレンダースプレッド

ぜひこちらも参考にしてください

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

オプションは将棋のような戦略ゲームのようで、理解できるととても面白いです

これを読めば最低限のルールがわかり、オプションを楽しめると思います

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

オプションの知識とテクニカル分析を組み合わせることにより

相場の方向性をある程度予想することで

より勝率を上げて費用を抑えた戦略を練ることができると思います

是非、一読ください

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

BITPOINT SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント