よくある10時半までの相場

市場状況

日本時間のS&P500は下落

今年3月29日からひいたトレンドライン上辺をタッチしに来るかと思いましたが

タッチできずのま20日線に戻ってきました

Nasdaqも同じく下落

こちらは先行してボリンジャーバンド2シグマをタッチする上昇でしたので

S&P500よりは下げやすかったのかもしれません

トレンドラインもそろそろ引き直した方がよさそうですね

日経平均はというと

今朝S&P500が下げ気味なのに日経平均だけ上昇しており

言いました通り戻り売りを狙ってたので

S&P500がトレンドライン上辺にタッチしたら

日経平均のPUT買いスプレッドを追加しようと思ったのですが

ボリンジャーバンド2シグマにタッチした後

力尽きたようで下げたので、PUTを追加できずでした

なぜか日経平均によくある10時半までの典型的な上昇のようです

現在保有しているのはデビッドスプレッド1組のみ

このデビッドスプレッドは損小利大のいいポジション取りとなっています

利益が大きかったその次月は大きく損することが私は多いので

追加PUTは無理に追わず待とうと思います

13日は消費者物価指数(CPI)の発表が日本時間21時30分にあります

この指数は大きく株価に影響する可能性があるので注目です

15日に中国のGDP発表がありますが

CPIのほうがインパクトが大きいでしょう

今週から12日のペプシコ

14日のJPモルガン・チェースを皮切りに

米主要企業の決算発表がどんどん出てきますので

ボラティリティの高い相場になるかもしれません

海外勢の売買動向はどうだったのでしょう

バークレーズのTOPIX買いとみずほの売りが目立ちますが

他に目立った売買はまだないようです

今月もゴールドマンの建玉は観察します

観察するだけですので、真似はするつもりはありません

これは先週金曜の建玉ですが、ほぼ変わりなしのようです

まだ始まったばかりなので

どの証券会社も大きなポジションはとってないようです

参考書籍に関する問い合わせがあったのでリンクを追加しておきます

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

オプション戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント