本気で売りにくいであろう日経平均

市場状況

S&P500は続伸

バンドウォーク継続中です

なにも特に言うことなしです

日経平均の権利落ち日なんて関係あるかといった感じでしょうか

日経平均はというと

本日は権利落ち日なので下落したようですが

チャートを見るとボリンジャーバンド1シグマは超えましたが

日経平均は20日移動平均あたりで下げ止まって

バンドウォークにかろうじて戻ったようです

親分のS&P500が大して下げてないのに

子分のに日経平均が単独で下げれるわけがありません

こういう時、本当の下げに発展するかどうかを見極めるのかは

S&P500が下げているかどうかがいい指標となります

さらにTOPIXが2%以上午前中で下げれば

日銀様は配当落ち日とかに関係なく下がれば機械的に買ってくれますので

少なくとも午前中は下げるなら本腰をいれて下げないと

中途半端な売り仕掛けでは午後日銀に踏み上げられます

どうせ以下のニュースをきっかけに

ドル円の利食いで下がったところを狙って

投機筋が日経平均に中途半端な売り仕掛けをしたのかもしれません

円、121円台前半に急上昇 首相と黒田総裁の会談で
30日の東京外国為替市場で円が幅広い通貨に対して上昇している。日銀の黒田東彦総裁が首相官邸で岸田文雄首相と会談したと伝わり、政府・日銀が協調して円安に対応するとの思惑から円買いが入った。一時1ドル=121円台前半と前日夕に比べ2円以上も円高が進む場面もあった。28日に1ドル=125円台を付けるなど円安が加速しており、利...

下げのうち280円ほどは配当落ち分らしいので

実質はほとんど下げていません

権利落ちは毎年あるイベントなので

ついに下落し出したと勘違いして先物売りやコール売りを仕掛けると踏み上げられるでしょう

PUT買いはSQ日まで1週間程度なのでお金を捨てるようなものです

PUTやCALL買うなら期先にしましょう

昨日引っかからず買えなかった

5月限P28250買いと4月限P27750売りペアの2枚との

カレンダースプレッドで、たまたま今朝買えたのですが

運がよくいいところで買えたようです

カレンダースプレッドはPUT買いのブルスプレッドですが

短期でSQまでは日経平均が上昇してその後下げてくれればより望ましいです

他にも4月限のP28250のバタフライスプレッドもあります

CALLのバタフライスプレッドは結局損で終わりそうですが

C26250買いC26750売りのデビッドスプレッドはほぼ利益確実したと思います

単体C28000買いは既に利確済み

本日、短期目的で下がったところを日経225ミニも少しだけ買いましたが

失敗損切り、の後上昇

やはり先物は博打、やるもんではないですね

海外勢の動向はどうだったのでしょう

野村とみずほはTOPIXを大きく買い

BofA、JPモルガン、バークレーズは大きく売ってます

ゴールドマン以外の海外勢は売りが多いようです

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント