S&P500は順調なのに、なぜだ日経

市場状況

今日もS&P500についてです

日経平均は米株の影響を受けやすい

日経のチャートよりS&P500のチャートの方がチャート分析が当たる確率が高い

このため、私は日経平均の動きを推測するときも、S&P500のチャートを参考にしています

チャートを見ると、どうやらS&P500はボリンジャーバンドの1シグマに沿って上昇する

バンドウォークに入ったようです

バンドウォークについては以前詳しく投稿しています

バンドウォークってなに? 初心者編

MACDは以下のように一直線、なんの役にも立ちません

だからMACDの信者ではありません

不思議なのは今日の日経平均の動き

朝9時15分に28280円の高値をつけてから急落しています

通常、S&P500や中国株が下げるという

何らかのきっかけがないとこのような下落は通常ないのですが、なぜでしょう

まず、今日の先物取引を見てみると

ゴールドマンは6日連続引き続き買い越してます

なので、上昇は継続する可能性が高いと思うのですが

おそらく、アムロもしくはクレディスイスが昨日買った分を利確したのではと思います

アムロやソシエテは取引量を見てわかるように、毎日かなりの取引量です

ただ、これらは超短期投資の場合が多いので

取引はあまり参考にならないことが多いです

日経の日足チャートを見ると

5つ連続陽線が続いてたので、このくらいの下落は許容範囲ではないかと思います

むしろ、買い手が入れ替わって、より良い状況になったのではないでしょうか

28000円付近でもあるので、止まりやすかったのかもしれません

私も思わず普段あまりやらない日経先物ミニを3枚、28015円で単体打診買いしました

さらにS&P500と同じくボリンジャーバンドの1シグマ付近で下げ止まっているようです

ただ、S&P500のようにバンドウォークと違い、下降のボリンジャーバンドなので

S&P500と同ようなバンドウォークの上昇の形にはならないと思います

9月のオプションについてはしばらく待ってみようと思います

上げ切ったところで、プットを仕込もうかと考えており、

まだその付近までは少し距離があります

多分上のトレンドラインの青線のあたり28500円あたりまで来たら

以下のどれかの戦略で打診プットを仕掛けようかと考えています

先物と組みわわせたオプション売り カバードプット

日経225オプションの基礎⓺ プットオプション(買い+売り)

8月はコールを買いすぎており

上昇するという予想は当たったが利益は少ないか損になりそうなので

反省して仕掛ける枚数は少なめにする予定です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

👆少しでもいいと思われましたら、上のブログ村ランキング応援クリックよろしくお願いします

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント