高田さんは下げ目線だったんですね 6月10日時点

市場状況

よく参照させてもらってる、高田資産コンサルですが、

緊急の予想は有料なものが多いので、それは見てないので知りませんでしたが

どうやらこの週は下げ目線だったようですね

日経225オプションの短期トレードの実践 - 高田資産コンサル流「日経225先物・オプションの需給分析の実践方法」 - 投資ナビ+ - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle

以下抜粋

06P29000の短期買いは、先ほど230円で6枚全て手仕舞いし、565,182円の利益確定で終了となりました。(6月8日に135円で6枚買い、本日230円で全て手仕舞い→56万円の利益確定)チャート上は25日線が重要、需給は6月限オプションで最重要のアムロの需給の節目28500円に到達後の利確を狙っておりましたが、予定よりも早く利確した理由は下記の通りです。
6月限オプションは明日が最終売買日となるため、時間との勝負であること。・日経平均VIがたいして上昇しないため。・10時台に入って9時17分の日経225先物ミニの安値28845円を割り込んだが、その後は僅か10円の安値更新で28835円で下落が止まり、買い方の投げ売り、売り方の更なる売り仕掛けが入らなかったため。(達成感が出ている、一巡していると解釈)
本日のような下落が起こる場合、一気に28500円近辺まで急落する場合もありますので、それを狙ったプット買いでしたが、残念ながらそれは今の時点では起こっておりません。今後も、同様の相場状況になっている場合は、プット買いで大きな利益を上げるチャンスとなりますので、7月限以降のオプションでも狙っていきます。ここからの6月SQ日までの売買は、オプションではなく、先物のデイトレードで対応をしていきます。この後も1時間足ベースでのバンドウォークの下落が続く場合は、先物売りで利益を狙い、そうならない場合は先物買いでの利益狙いも検討する形です。

今回はアムロの需給が重要だったんですね、完全に無視してました。

高田さんの言われてるのは以下のコール建玉のことですかね、

確かにこれだと29000以下28500未満のアムロのデビッドスプレッドがあり、29000以下でSQ確定日を迎えることができれば利益のあるポジションですが、これに目をつけるとは

後確かに、アムロのプット29000大きな買いもありますね

28500前でSQ確定日を迎えることができれば、P28500とP28000の売りの利益もあります

完全無視してました、次回は注視します。

それにしても、SQ週に6枚もプットを買うとは、とても真似はできないですね、

それもSQ直前の裸売りなので、タイムディケイが半端ない、なので短期で利確したのか。

かなりの勝負に出たものです、それほど下げに確信があったのか。

同じくP29000は持ってたのですが、逆に8日に決済してます。

やはり、プロの見方は素人とは違うようですね。

自分としては、SQまであと2日、このままSQまでそのままのつもりなので、

残ったコールの利益が伸びてくれることを願うのみです

市場状況
スポンサーリンク
日経225オプションに一般サラリーマンが勝つためには、、、

コメント