S&P500は教科書通り美しい、日経平均チャート、、汚い

市場状況

S&P500は上がるかどうか不安でしたが

結果的に教科書通りの下髭陽線、高い出来高

下げ止まり反転となったようです

対して日経平均はというと

下髭陰線、出来高は高い日のその次の日も下げるという

とにかくわかりにくいチャートです

日足チャートでは主要な移動平均線が全部上にあるため

反発するかもしれない基準がわからない

私はいつもS&P500のチャートを見ながら日経平均を取引しているのはこのためです

断定予想はできまませんが、S&P500はとりあえずこれから反発上昇となる可能性が高い

ただ、それにつられて日経も同じくらい上がるかどうかは疑問です

おそらく、これから大きな下落となる可能性は少なくなったのではないでしょうか

仕込んでた単体プット買いは昨日決済しました

P23000買い追加は証拠金を一時的に上げて先物を買いやすくするためです(これについては後ほど)

カバードプットは利益が出ているので、ヘッジとしてそのまま残す予定です

反発はとりあえずしましたが

8月9月は季節的にも下げやすく、なぜか株価を下げる大きなニュースがあることが多い

これが10月下旬、11月であれば全力買いしたいところですが

とりあえず今のポジションで、下落対応ポジションも残したまま様子見です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

👆少しでもいいと思われましたら、上のブログ村ランキング応援クリックよろしくお願いします

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

チャート分析のようなとテクニカル分析を組み合わせることにより

より勝率を上げることができると思います

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント