平均年収1000万円の年金はいくら?

年金

年収1000万円のサラリーマン、

まぎれもなくエリートと呼ばれる社員です

では、彼らはいくら年金をもらえるのでしょうか?

例えば、国民年金だけの人なら65歳から年収約70万円が平均のようで、

厚生年金の人は年収約170万円だそうです

夫が会社員(公務員)で妻が専業主婦の場合、

年金収入は月額20万から22万円ほどになるらしいです

では、年収1100万円のサラリーマンは2倍でしょうか、3倍でしょうか

計算には以下の数字が必要になります

  1. 勤続年数
  2. 平均年収
  3. 0.005481 (両学長の魔法の数字)

例えば、勤務年数38年、平均年収1000万円の例だとすると

38年間 x 1000万円 x 0.005481 = 208万円

厚生年金 208万円 + 国民年金 70万円 =受給額合計 約280万円 だそうです

ぶるど
ぶるど

なんだこれ、こんなに少ないのかよ!!

と思うかもしれません

しかもこれ、38年間の平均1000万であった場合です。

エリートでこれなら、俺どうなるん、、、

でも実際これが現実なのです

平均年収1000万がさぞ余裕のある老後を暮らせると思った人には残念

23歳大卒の初任給とかわらないそうです

むしろ、資産運用して増やさないと危ないくらいです

大きな病気などにかかったりして、引退前に働けなくなればその前にアウトです

なので、ここでも述べたNISAを使用してS&P500の投資信託を買ったり、Idecoで年金を運用するのはとても大事なようです(Idecoについては後々書きます)

今回参考にさせていただいた、僕の尊敬する両学長の動画を詳しくは見てください

是非チャンネル登録していただければ、損はないと思います

【老後は安泰?】エリートの年金額と「末路」について解説【お金の勉強 初級編】:(アニメ動画)第55回
年金
スポンサーリンク
日経225オプションに一般サラリーマンが勝つためには、、、

コメント