S&P500の調整予想はニアピン賞ということでよろしいでしょうか

市場状況

昨日のS&P500の調整について

ボリンジャー1シグマで反発する可能性が高いと申しましたが

意外と早くきた調整、損切りポイントは

実際にタッチ(青丸)はしませんでしたので

ニアピン賞というということでよろしいでしょうか

もちろん、たまたま予想通りになっただけだと思って

引き続き謙虚にチャート分析をしていきたいと思っています

こうなると、50日移動平均線が再度支えになり

ボリンジャーバンド1シグマに沿ってバンドウォーク上昇する可能性も出てきました

もしそうなれば、日経平均もそれを追う形になるのではないかと思います

ただそうなれば上昇しながらも

ボリンジャーバンド1シグマタッチ

50日移動平均線タッチ

と時々下げながらの上昇の可能性が高いです

もしバンドウォークに発展した場合は

これら2つのタッチは押し目買いのタイミングになるでしょう

もし押し目買いして、この2つを軽く超えて下げるようなら

普通の下落なので損切りしたほうが無難だと思います

売買を推奨するものではございませんので、

実際の売買は自己責任でお願いいたします

海外勢の売買動向を見ておきましょう

ゴールドマンは日経買い、TOPIX売り

JPモルガンの日経買いが多めですが

特に他は目立った売買はないようです

Option手口情報

オプション手口は500枚以下ばかりで特に大きな動きはなかったです

オプション建玉はどうでしょう

なんとアムロのP290000売りが3000枚程度とコール買いも追加されてるよう

29000円以下になならないと思っているのか

P28000買いといい、アムロは最近当たってないので

逆に29000円以下になりそうで不気味です

オプション建玉

ちなみに野村はその逆のポジションをとっているよう

ぜひこちらも参考にしてください

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

オプションは将棋のような戦略ゲームのようで、理解できるととても面白いです

これを読めば最低限のルールがわかり、オプションを楽しめると思います

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

オプションの知識とテクニカル分析を組み合わせることにより

相場の方向性をある程度予想することで

より勝率を上げて費用を抑えた戦略を練ることができると思います

是非、一読ください

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

BITPOINT SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント