次の上昇はMSMのレシオスプレッドがヒントになるのか

市場状況

いきなりですが

海外勢の先物売買動向から見ていきましょう

え!!なにこれ、内部情報でもあるの?

で以前書いたように、MUMS、三菱UFJモルガン・スタンレーが

2600枚のコール買いを8月26日に出した後から

日経平均の急騰は始まったのではないかということは書きましたが

今度は同じ系列のMSM モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社にまた大きな手口がありました

見る限り、内側の買いより外側の枚数が多いレシオスプレッドのように見えます

C30625 買い 1300枚

C31500 売り 2600枚

このポジションは、30625円以上にはなるが31500円は超えて来ないと思う場合にとるポジションで

今の権利行使価格だとC30625は415円、C31500が140円なので

外側の売りの枚数が買いの2倍なので1ペアあたりのコストは415-(140×2)=135

1ペアあたりのコストは135000円に抑えられてます

このポジションの損益分岐点は30770円です

前回、MUMSの買いの後の日経平均急騰を考えると

気に留めておいたほうがいいかもしれまあせん

もし10月限が30625から31500の間で終わったなら、前月に続き大成功となりますね

このポジションを真似するかどうかは自己責任です

証拠金は売りが多い分結構高くなりそうです

次に主要な海外勢のオプション建玉も見ておきましょう

まずはCスイス

先月はショートスラングルは大失敗だったので、今度は買いが目立ちますが

ポジション的にはまだあまり大きくないようです

ゴールドマンは少し面白いポジションです

C31250売りから、31250円以上には行かないであろうという思惑は見れるのですが

C30250売りもあり、30250円以下になると考えてるいうのは意外です

さらに30000円のプットを売ってるので30000円以下までは行かないと思ってるのか

かなり狭いレンジのように見えますが、

これは私の知らない高度なポジション取りなのか

どちらにせよ、あまり大きくないポジションなので気にするほどでもないです

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

👆少しでもいいと思われましたら、ブログ応援クリックしてくれますと、続けるやる気が出ます

オプションについては何も知らないところから、

日本取引所グループの守屋さんの動画に出会い

実際に投資戦略フェアでお会いしたことにより、さらに興味を持ち

学ぶことができたことを本当に感謝しています

以下はそのきっかけとなった、守谷さんの動画になります

株と先物しか当時は知らなくて

オプションなど上級者のするもので理解できないと思ってましたが

この動画のわかりやすい説明のおかげで、オプションを理解することができました

講師紹介-守屋 史章 氏 | 北浜投資塾 - 大阪取引所(日本取引所グループ)

さらに学びたいのであれば、これを読めばいいと思います。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまでに時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

オプションは将棋のような戦略ゲームのようで、理解できるととても面白いです

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

オプションの知識とテクニカル分析を組み合わせることにより

相場の方向性をある程度予想することで

より勝率を上げることができると思います

是非、一読ください

その他のおすすめ書籍については以下を参照ください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

コメント