結局、一番利益の出る戦略ってなんなの?

オプション取引の基礎

オプションのいいところはいろいろな戦略があり、相場の状況により、それにあった戦略で対応できるというものです。

ただ、これは初心者やめんどくさがりの人には、

手っ取り早く、儲かりやすい戦略ってないのか、と思うかもしれませんが。

実は面白い本があります、

これは28年間、どのオプションが利益を出やすいかのバックテストを行い結果をまとめたものです

日経225オプション 基本戦略の28年 SQ日建てSQ持込み どの権利行使価格が儲かったのか 徹底検証: ネイキッド売り クレジットスプレッド ショートストラングル ロングコンドル | 武藤 洋一 | 分析・売買戦略 | Kindleストア | Amazon
Amazonで武藤 洋一の日経225オプション 基本戦略の28年 SQ日建てSQ持込み どの権利行使価格が儲かったのか 徹底検証: ネイキッド売り クレジットスプレッド ショートストラングル ロングコンドル。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンや...

では、皆さんはどの戦略が一番利益が出ると思いますか?

前提条件などは細かく書きませんので、この書籍でみていただきたいのすが、

結論から先に言いますと、

上下に5%ずつ乃至8%ずつ離したあたりのショートストラングル

だそうです

現在値よりこれだけ離れたオプションを売るということです

やはり、買いより売りの方が勝率が高いので、利益が出るのは明白でしたが、どのくらい現在値から離れたものを売るのかというは参考になりました

じゃあなぜ、これをやらずに、デビットスプレッドばかりやってるのかと言いますと

証拠金がものすごくかかるからです

そのショートストラングルの例をあげますと

現在値の日経平均29020円からそれぞれ5%離れたコール、プットオプションは

C30500円 売り 41円

P27500円 売り 105円

このポジションの証拠金は、シュミレーターが正しければ677,000円になります

デビッドスプレッドが20万前後なので、高いですね、さらに利益はSQ確定日になってやっと146円(146,000円)になります。

さらに相場が上下すると証拠金も動きますので、特に下がった時のプット売りが怖いですね

さらに27500円って、コロナで4000円ほど下がったこともあるので、最悪のことを考えると、、、

なので、もしやるならプットだけ8%乖離したものをお勧めします。

C30500円 売り 41円

P26750円 売り 59円

これでも証拠金は665,000円かかります

乖離の計算が面倒だということなら、ガンマ値が0.1の価格程度なら、ほぼ同じになります

私は安眠したいので、このようなショートストラングルはやることはないですが、

ファーコール(現在値から離れたオプション)はタイムディケイにより時間が経つごとに売りは価値が下がるので、途中で決済してもいいでしょう。

これにプットとコール買いのオプションを加えたものなら、証拠金も安くできるので、やるかもしれません

まあ、そうなるとアイアンコンドル、という戦略と同じになってしまいますが。

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント