ジャクソンホール後 アフターマス

市場状況

注目されていたジャクソンホールですが

「年内開始が適当だろう」と量的緩和の縮小(テーパリング)開始の時期を宣言したのにも関わらず

「将来の利上げ時期の直接的なシグナルにならない」と指摘し、

資産購入の縮小と利上げが直接リンクしない姿勢を明確にしました

テーパリングより利上げの方が株価にインパクトが強いので

米国マーケットは安心感から上昇したようです

10年歳利回りも下げました

そもそも、、

利上げを宣言して、バブルの戦犯扱いされたグリーンスパンのように誰がなりたがるのか

それよりイエレンに媚びて現職に少しでも長くしがみつく方を選択したのでしょう

ちなみにFRB議長は引退後、1回講演を行うと3000万もらえるようです

後もう一つちなみにですが

日銀はステルステーパリングで国債と株の買いを既に縮小しています

日銀のETF買い縮小は4月からなので、日経平均の影響は大きいように見えます

今は午前中にTOPIXが2%程度下げた場合のみ買い出動するようです

FOMCは日本時間午前3時開始だったのですが

日本時間前日22時半の米国マーケット開始よりすでに上昇し始めており

私も打診買いでコールデビッドスプレッドと先物ミニ2枚を損切りをつけて追加しました

前回の投稿でボリンジャーバンド1シグマにタッチしたので押し目買い時だが

念のために月曜日まで待ったほうがいいと言いましたが、

もしそれに影響された方がいたとしたら、申し訳ないです、我慢できませんでした

あまりいい価格でコールは買えてないので、下げてきたらすぐに損切りするつもりです

日経平均先物ミニ 27490円 買い 2枚

C27750 330円 買い 1枚

C28250 120円 売り 1枚

これから、バンドウォークに復帰するかもしれませんが

月曜の米国市場マーケットがどう動くか確認するまでこのまま様子見としようと思います

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

👆少しでもいいと思われましたら、ブログ応援クリックしてくれら続けるやる気が出ます

私の知識はほぼ以下の2冊の本と

下のリンクにある日本取引所グループの守屋さんの動画から得たものです

オプション取引のおすすめ書籍と動画

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

チャート分析のようなとテクニカル分析を組み合わせることにより

より勝率を上げることができると思います

コメント