デッドキャットバウンス?

市場状況

昨日のS&P500はものすごい反発でした

コツンと音がしたのでしょうか?

ボリンジャーバンド−1シグマも5日線も超えて

フィボナッチ0.236付近まで上昇しています

日経平均はというと

下げも大げさだが上げも笑うほどで一時1000円の上昇

S&P500より大きく下げてボリンジャーバンドー3シグマまで下げてたのに

一気にS&P500と同じ水準のボリンジャーバンドー1シグマ付近まで上げてきました

これは、WTI先物が1割超下げたのが大きいですが

ドイツが昨日の日本時間午後から急上昇していたので

その前にこのニュースの影響も少しはあったのではないでしょうか

ウクライナのゼレンスキー大統領は9日、独紙ビルトのインタビューで「あらゆる交渉で私がめざすのはロシアとの戦争を終わらせることだ。一定の手段を講じる用意もある」と語った

ゼレンスキー氏が妥協示唆 与党、NATO早期加盟断念も(写真=ロイター)
【フランクフルト=深尾幸生】ウクライナのゼレンスキー大統領は9日、独紙ビルトのインタビューで「あらゆる交渉で私がめざすのはロシアとの戦争を終わらせることだ。一定の手段を講じる用意もある」と語った。和平実現に向けて妥協の意思を示唆したものとみられる。ウクライナ与党は一定の条件下で北大西洋条約機構(NATO)への早期加盟を...

昨日空売りするにもリスクがあるといったのはこのことです

もうSQ日まで動く予定はないのですが

調子に乗って昨日先物売りやPUT買いをしていたら

コテンパンにやられてたことでしょう

特にP24000などは7日月曜には高値185円だったのが今や3円です

P24000の建玉なんていくら積みあがっていようがこれなので

いつも参考程度にしかしていません

2月限もP25000に16264枚という大きな建玉がありましたが

2月限はこの価格に結局タッチもしていませんので紙切れになってます

前も言いましたように現物を多く保有している大手機関が

その掛け捨て保険目的で仕掛けている事もあるためです

ここで毎日大手の手口や建玉を紹介しているのは

デリバティブ取引の7割は海外勢の取引といわれているため影響力があるため

それらの証券会社の投資目線を紹介しているだけで

その真似をするためではありません

実際今月はMUMSもゴールドマンもP26000売りの上昇目線でしたが

それを見て真似して先物を買ったり、PUTを売ったりは一切していません

現在のポジションを時折紹介していますが今月は下目線のポジションでした

もし誤解を与えたようなら申し訳ありません

正直出来高を見る限りはS&P500も日経平均も

まだ空売りの買戻しによる一時的な上昇としか思えません

ただ、これをきっかけに上昇転換する場合も昔あったので注視もすべきでしょう

上記S&P500チャートにも描かれている

いつもの青直線トレンドラインを軽く上抜けするまでは

上昇転換とはまだ言えないと思っています

では海外の売買動向を見ておきましょう

ゴールドマンはTOPIXをまだかなり売っているようです

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

BITPOINT

SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント