6月15日更新、海外勢のオプション建玉状況

日経オプション海外勢建玉状況

7月限の海外勢の建玉情報です

いつものように、高田資産コンサルティングより抜粋

6月15日朝更新、海外勢の先物手口、オプション手口、クロス取引、日経225先物、日経225オプションの手口の読み方 - 高田資産コンサル流「日経225先物・オプションの需給分析の実践方法」 - 投資ナビ+ - 投資戦略・トレード手法・相場分析・ツール・自動売買等の流通プラットフォーム - GogoJungle
(1)6月14日の海外勢全体の先物手口は、上図の通りで、 海外勢全体とゴールドマンは買い越し、クレディスイスは売り越しであった。

まず、コールの建玉から見ると

一番大きいのはC29000買い、次はC29250 売り、29000円以上には行くが、29250以下になるという思惑があるのか。

随分狭いレンジですね。

アムロの建玉なので、あまりあてになりませんが、前回の反省もあるので、少しは気に留めておこうかと。

JPモルガンの建玉は前回だまされたので、あまりあてにはしてません

でも29000以上の上げ目線ということでしょう。

次にプットの建玉

一番大きいのはゴールドマンのP29000とJPモルガンのP29000

ゴールドマンは29000以下になる下目線で、

JPモルガンは29000以下にはならないという上目線

いずれにせよ、今の段階ではそれほど建玉はないので、どちらともいえないと思います。

ちなみに、昨日の日経平均先物についてはゴールドマンは買い越し、

クレディスイスは売り越しだったようです

コメント