ゴールドマンの先物買い止まる デルタニュートラル

市場状況

もう少し日経は上げると思ったのですが

まだどうやらゴールドマンの買いが6日で止まったようです

ヘッジファンドの先物やオプション建玉の情報はいつも参考程度にしているだけなのですが

今まで買っていたのが止まったので、少し気になります

ただの利確かもしれませんが

他の海外勢も売ってるところもあるようです

逆に日本の証券会社が買い出してるようです

先物・手口情報

S&P500が高値更新しても日経は全然ついてこれてません

日経各社の決算業績も良い所が多いし

PERもEPSもよくなってるのに、なぜ上がらないのか不思議です

28500円くらい上げるまで待つ予定でしたが

8月限の資金も戻ったし、念のために早めにプットを仕込むことにしました

海外勢が買いを再開するかもしれませんので、今はどちらとも判断がつきにくい

よって、プット買いに先物ミニの買いつけてデルタニュートラルポジションにしてます

原資産価格がどちらの方向に動いても、変動の幅が同じであれば、直近の値動きに対して同じような損益が生まれるポジション

チャートからもわかるようにどちらに行っても大きな損にはなりません

キャッシュポジションと大して変わらないと思われるかもしれませんが

ミニは指値損切りを入れてるので下がればプットのペアだけ残る仕組みで

もし下落してもプットを買いそびれたということを防ぎたいからです

プットはコールと違い動きが素早いので

早めに捕まえないとすぐ逃げます

プットは売りもあるのでどのみちSQ確定日にならなければ利益確定になりません

8月限はコール買い3枚がインザマネーになったにも関わらず

思ったより大きな損となったので

枚数を減らしてより慎重にポジションを取ろうと思ってます

上昇が続くようであれば、ミニ買いだけ残してプットは損切りする予定です

昨日仕込んだのミニの買い28015円の3枚はあっさり損切りされました

やはり先物は難しい

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

👆少しでもいいと思われましたら、上のブログ村ランキング応援クリックよろしくお願いします

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント