28000円で攻防の日経

市場状況

なぜかやけに日経平均が280000円で反発するように見えますが、気のせいでしょうか

こう言う時は必ずオプション建玉の状況が絡んでることが多いです

要するに、280000円より下に行って欲しい証券会社

上に行って欲しい証券会社の攻防があるかもしれないということです

では実際の建玉状況を見て見ましょう

昨日お伝えしたようにアムロはP28000を3000枚、これはかなり大きな売りポジションです

これは今も健在のようです

同じようにプットで28000円以下を狙うポジションをとっている証券会社は以下の通り

対して、28000以上を狙っているのは以下のようです

三菱UFJモルガンはアムロの反対でほぼ同じ枚数すね

さあ、これはどちらのほうが勝つのか

来週からは衆議院選挙絡みの買いも入ると言われており、難しい相場になると思います

S&P500のチャートを見る限りは、今は三角持ち合いの真ん中あたりなので

S&P500が下げて三角持ち合い下辺を試すようであれば

日経平均もつられて下げ

28000円を越えて下げることはあり得ると思います

海外勢の売買状況です

ゴールドマンは日経買い、TOPIX売り、どちらも多くはありません

TOPIXでは2000枚級の売り買いが各証券会社からあるようです

ぜひこちらも参考にしてください

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

オプションは将棋のような戦略ゲームのようで、理解できるととても面白いです

これを読めば最低限のルールがわかり、オプションを楽しめると思います

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

オプションの知識とテクニカル分析を組み合わせることにより

相場の方向性をある程度予想することで

より勝率を上げて、費用を抑えた戦略を練ることができると思います

是非、一読ください

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード

コメント