1ドル札の大統領の日

市場状況

金曜日とよく似たパターンに見えます

大きく下げた後、下げ渋り上昇

空売りの買戻しか、新規打診買いをしている輩がいるのか

北京オリンピックも無事終わり

どこかの専門家が言っていた

ノルドストリームは外されても中国が天然ガスを買ってくれれば問題ないので

とりあえず北京オリンピックの間は侵攻を我慢という説が正しかったのかもしれません

さて、こちらの要求のんでくれないなら帰らない、とゴネているロシアに

アメリカは譲歩するのでしょうか

もし、ロシア撤退のニュースでもあれば、かなり戻しそうなので

これから追加で売るのもリスクは高く

しばらくは様子見です

S&P500のチャートから見ると

日足で下げはまだ黄色のボリンジャーバンド-2シグマにも達しておらず

ここで反発上昇するのはちょっと中途半端ではないかと思います

今夜米国が休場のせいか、出来高もほとんどありません

日経平均はというと

S&P500より早く黄色線のボリンジャーバンド-2シグマに達しており

そこで反発しているようです

こちらはキリのいいところでの反発になりますが

いつもS&P500次第なので信用していません

本日午前にロシアとアメリカがまだ話し合いをしようとしている

というニュースが出ただけで円安となり

日経平均も反発したという

相変わらずの右往左往な相場になっていたようです

米国務長官「侵攻阻止へ米ロ首脳会談の用意」(写真=ロイター)
【ワシントン=坂口幸裕】ブリンケン米国務長官は20日の米CBSテレビで、バイデン大統領がロシアのウクライナ侵攻を阻止するためプーチン・ロシア大統領といつでも会談する用意があると明らかにした。「戦車や飛行機が動員され、侵攻が完全に始まるまではできる限りのことをやる」と述べた。対面かオンラインかといった会談の形式は問わない...

米市場は今晩Washington’s Birthdayでお休みなので

日経平均だけのパワーでどちらかに大きく動くことはないと思っています

ちなみに米国ではより影響力の大きかった人物のほうが

流通量のより多い通貨の顔になるようです

1ドル札の表紙のジョージ・ワシントンは初代大統領なので、これ以上はないでしょう

100ドル札にはベンジャミン・フランクリン、政治家、発明家ですが大統領でもありません

ちなみに、流通量が限られている2ドル札というのもあり

幸運を呼ぶ2ドル札とも言われています

第3代アメリカ大統領トーマス・ジェファーソンが表紙です

それはさておき

日本は水曜休日なので残りは木金だけとなり

この木金も米株はほぼ毎週末下げているので

日経平均の上昇も期待できないかもしれません

ただ、米債権金利も今の所落ち着いているので

再び金利が上昇するまでは、株価に特に大きな動きはないかもしれません

海外勢の動きはどうだったのでしょう

今日は特に大きな動きはなかったようです

ゴールドマンはTOPIXを多めの売り

まさか、このアムロの小売買は流石にネタにできないでしょうけど、、、、するのか

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

BITPOINT

SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント