不気味なほど上昇してこない日経平均

市場状況

自民が選挙に負けるかもしれない、、、

エバーグランデが、、、

日経平均はなんでもネガティブに捉えることが得意なようです

ただ流石に時価総額が高く日経平均に影響が強い

ソフトバンクグループファーストリテイリングが約4%下げていたので下げざるをえず

割合でいうと、TOPIXより約2倍下げたようです

以下の通りかろうじて日経平均は三角持ち合いの中を保つことができたということでしょうか

まさか、ちょっと政権交代したらどうなるか見てみたい

なんてのは投資を続けたいなら考えないほうがいいです

以前、民主党が政権をとった時、日経平均7000円なのに何も目立った経済対策なし

投資があほらしくてその時は一時的にやめてたほどです

S&P500はそんなのお構いなし

今にも再度高値更新しようとしています

時期的に10月下旬に大した理由もなく下げを仕掛けることは難しい

S&P500は高値更新寸前

この好環境の中で日経平均だけいつまでぐずぐずしているのか

日本企業の好決算の後押しS&P500の高値更新の後押し

が揃わなければ上げたくないのでしょうか

やはり、押したところ買って待つのが一番いいのではないか

上昇しても深追いはしないほうが無難でしょう

通常25日騰落レシオが80以下で推移しているのに

日経平均が急上昇しないのは違和感があると言われており

もう3日連続80以下でいつ反発してもおかしくない状態です

空売り比率も先週金曜から3%以上も減ったのに今日上昇しなかったのも不思議です

空売りの買い戻しがあったはずなのですが、、、

28500円はどうやら今の所硬そうですが、日経だけが突出して弱く

S&P500が少しでも調整すると日経は28000円も軽く超えて下げそうな弱さです

11月限買いはそろそろ今週からタイムディケイが効いてきそうなので

もし買うなら単体よりコール売りのヘッジをつけたものや

買いのタイムディケイを気にしなくていいカバードコールのほうがいいでしょう

日経225オプションの基礎③ コールオプション(買い+売り)

長期戦に有利な戦略、カバードコール

これは買い推奨しているわけではないので売買は自己責任でお願いします

私は相場も選挙結果も予測できませんので

現在のチャート分析の結果を述べているだけになります

海外勢は何をしているのでしょう

日経は今回も野村が売っていたようで、シティも今回売っていたよう

ゴールドマンとCスイスは日経もTOPIXも買っているよう

手口の方ではあまり目立った動きはありませんでした

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

👆少しでもいいと思われましたら、ブログ応援クリックしてくれますと、続けるやる気が出ます

ぜひこちらも参考にしてください

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

オプションは将棋のような戦略ゲームのようで、理解できるととても面白いです

これを読めば最低限のルールがわかり、オプションを楽しめると思います

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

オプションの知識とテクニカル分析を組み合わせることにより

相場の方向性をある程度予想することで

より勝率を上げて費用を抑えた戦略を練ることができると思います

是非、一読ください

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

BITPOINT SBI証券[旧イー・トレード証券] 【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券 アフィリエイトのアクセストレード PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント