今回も振るい落としの後、再度上げのS&P500

Uncategorized

前回もそうだったので、今回もそうではないかと思ってたのですが

S&P500は高値を更新した後、前回更新した高値までいったん戻り、

振るい落としてから、再度上げに転じる傾向があるようです

通常、私は先物売買が苦手だし、保有すると相場から目が離せなくなるので、

ほとんど先物を売買することはないのですが、

今回もS&P500が同じ今回も同じ動きをするのではないかと思い、

前回の高値の青線ラインに来たあたりで

日経先物ミニを1枚打診買いし1回は損切りされ、

2回目とった27675円一枚は反発し、そのまま上がっていきました

前回も書きましたが、私はS&P500のチャートを見て、日経平均を売買します

まだわかりませんが、もし今回もこれから再度高値更新するようであれば、

この理論は2回目も成立ということになるかもしれません

損切りは既に買値の27675円より上のラインに設定しているので(トレーリングストップ)

もう損になることはありません

とにかく、短期で相場を予想できる人間はいません

投資系Youtuberでこれからこの銘柄が上げるとか下げるとか言っている人は信用しない方がいいです

短期は特に予想ができないため、このように損切りを入れて打診買いをして、様子を見る場合があります

ただ、何も考えず運任せで打診を入れるのではなく

前回は、前回の高値で反発したので、今回もそうなるのではないかとか

上げトレンドなので上げの方が有利、ということを考慮し

少しでも有利な方に打診を入れます

このような理由がない場合、

例えば、よくあるのが、ここまで4回あげてるからそろそろ下げるだろうと逆張り

というのが経験上一番負けやすい戦略だと思います

オプションのポジション取りと同じで、

1%でも有利な条件の方に打診を入れるようにした方がいいと思います

今回は短いですが、以上です

少しでもお役に立ったと思われたら以下をクリック願います

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント