本番は米市場が動き出す今夜からか

市場状況

S&P500はお昼にはこのニュースを受け上昇したようですが

ぴったり20日線で上値を抑えられたようです

米メディアが「バイデン米大統領が早ければ週内にも、中国の消費財に対する関税の一部適用除外を発表する可能性がある」と報じた

上海株寄り付き 続伸、海運や自動車高い
【NQN香港=盧翠瑜】5日の中国・上海株式相場は続伸して始まった。上海総合指数の始値は前日比5.7030ポイント(0.16%)高の3411.1297だった。米メディアが「バイデン米大統領が早ければ週内にも、中国の消費財に対する関税の一部適用除外を発表する可能性がある」と

Nasdaqも昨日と同じく5日線と20日線は超えられなかったようです

一番期待持たせだったのは日経平均だったでしょう

三角持ち合いの中に戻して終わると思われたが失速

今日は出来高もほとんどありません

今週のビックイベント前で板がスカスカのところに

買いが入っただけでしょう

*このチャートは15時15分時点のものです

日経平均は本当にチャート分析のしがいのないチャートです

もしS&P500が三角持ち合いを下抜けしたなら素直に下がっていくでしょうが

日経平均はご覧の通り何回もダマシを繰り返しています

これは米株次第で上げも下げもするため

チャート分析通りにはなりにくいのです

日経平均チャートだけ見てチャート分析している人は

ほとんど外れているのではないでしょうか

今回は日経平均にきれいな三角持ち合いが出てたので

日経平均チャートも見てますが

私は主にS&P500チャートを見て日経225オプションを取引のタイミングを探っています

ちなみにエントリーポイントとして

三角持ち合いを突破した日経チャートを見て説明すると

通常、普通の人は三角持ち合いを突破した途端に①で売ります

プロは突破してもすぐには売らず

一度もどって再度直近安値を更新する③まで待って売るそうです

私は突破して一度トレンドラインまで戻った②で打診売りをしています

なぜならオプションスプレッドを組めば損切りしても損は少ないし

単純に下げトレンドに発展した時に利益が大きいからです

ただ、今朝のように三角持ち合いの中ももどって

終値でも三角持ち合いのままの場合はダマシになるので

すぐに損切りする必要があります

海外勢の売買動向はどうだったのでしょう

流石にイベント前なので売買は少ないですが

めずらしくMUMSがTOPIX売り、MSMは日経買い

とちょっとややこしい

更新が遅いので昨日のゴールドマンの建玉

今日の手口を見る限り、C27000買いC27250売りのスプレッドのようなものを組んでいたようですが

枚数は多くありません

どうやらショートストラングルのままSQを乗り越えるようです

余談ですが、

とうとうソースも根拠もなく利上げ1%などという売り煽りが出てきましたが大丈夫ですか?

インフレ止められても株の暴落を招けば再選できないと思いますよ

むしろその正反対のニュースがでてますけど、、、

FRBは9月に方針転換との見方浮上、株式相場の救世主になる可能性
大荒れの米株式相場に落ち着きをもたらすのは、わずか数回先の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合になるかもしれない-。クリスティーナ・フーパー氏らインベスコのストラテジストがこうしたシナリオを示した。

オプション戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント