パグエルのしっぺ返し

市場状況

S&P500は大幅下落

久しぶりの大きな下げとなりました

三角持ち合いの青線トレンドラインを大きく下抜け

わかりやすい下落開始サインの点灯となりました

Nasdaqも同じく大きく下落

ちょっと苦しいですが

昨日言いました三尊天井が完成し

こちらも下落開始サインの点灯です

日経平均は少し形が異なりますが

昨日言いました下降トレンドを示す上昇ウェッジ完成となり

こちらも下落開始サインの点灯となりました

言うまでもなくパウエル議長の講演後に下落したのですが

大きな影響にならないと思っていたので全くの嬉しい誤算でした

前回と違い、利下げ転換を織り込みを

「何言ってんのかわかんない」と言わんばかりに一蹴

株価よりインフレ対策ファーストの強い姿勢を示したようです

さらに、新たに入ってくるデータ次第で利上げペースも調整するとのことなので

ここは想定通りのしらけた言い回しとなりました

【ジャクソンホール(米ワイオミング州)=高見浩輔、斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日、経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で講演し、高インフレの抑制について「やり遂げるまでやり続けなければならない」と利上げ継続を表明した。来年の利下げ転換を織り込み出した市場の動きを念頭に「歴史は時期尚早な金融緩和を強く戒めている」とけん制した。

9月20~21日に予定されている次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定については「新たに入ってくるデータや経済見通しを総合的に判断する」と明言を避けた。政策金利は景気を熱しも冷やしもしない中立金利に達したが、「ここで(利上げを)止めることはない」と改めて言及した。

ジャクソンホールでFRB議長講演 インフレ抑制へ利上げ継続
【ジャクソンホール(米ワイオミング州)=高見浩輔、斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日、経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で講演し、高インフレの抑制について「やり遂げるまでやり続けなければならない」と利上げ継続を表明した。来年の利下げ転換を織り込み出した市場の動きを念頭に「歴史は時期尚早な金...

これを受けて他の指標も大きく変化しました

ハイイールド債は再び大きく下落

主要なハイテク企業も大きく下落し

VIXは反対に17%もの上昇

ただ、10年債利回りがほとんど上昇しなかったのに

円安が進んだのがちょっと意外でした

個人的にはかなり想定外の嬉しい下げで

おそらく月曜の日本市場は

この結果を受けて引き続き下げとなると思います

オプション戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント