CALL売り手たちにとっては悪夢

市場状況

S&P500は前半下落したあと回復

20日線を終値で割ることはありませんでした

よって下落となることもなく

ジグザグ相場に戻りました

Nasdaqも同じく回復

20日線を終値は割っていません

日経平均はというと

ボリンジャーバンドに沿ったバンドウォーク上昇継続

米株が下げないのなら下げなる理由もなく

米株がレンジ内で回復しただけでも日経平均は2倍ほど上昇で直近高値更新するという

少しでも下げたら買いの相場になってます

主な原因はもちろん円安が一番大きいでしょう

さらに割安になった日本株を海外勢を買っているのでしょう

岸田さんの新しい資本主義効果ではないと思います

それについて日経新聞朝刊に厳しい記事があり、笑いました

「キシダはまだ何もしていないのではないか」。5月下旬、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で会った出席者の1人は岸田政権の高い支持率に首をかしげた。

言葉遊びより改革断行を 論説委員長 藤井彰夫
看板政策の「新しい資本主義」を含む岸田文雄政権では初めての「骨太の方針」が決まった。「分配偏重」「市場軽視」ではないかという当初の批判に配慮してか、方針では「成長も徹底して追求」「市場も国家も」と、成長や市場も重視する意向を示した。政策メニューに並ぶのは「賃金引き上げの推進」「貯蓄から投資へ」「デジタル、グリーンへの投...

不思議に思ったのは米国10年債利回りが3%程度まで再び上昇しているのに

昨日のNasdaqは下げるどころか上昇しました

さらにVIXも低下し24.02

直近安値を更新し続けているようです

どうやら6月限SQは無理矢理にでも28000円以上か28250円以上にしたいようですね

これらの価格は一番建玉の多かった行使価格なので

それをあえて崩しにかかったかもしれません

オプション取引では売りで利益を上げている人が多いため

これほど上昇すればCALL売りの損切りやカバーが大変なことになります

C28000はこの2週間で10倍程度になっています

最悪の場合を想定してみると

6月限C28000を5月26日に安値の32円で売っていた場合

現在305円程度まで上昇してますので

証拠金は1枚で125万円を超えるはずです

さらに完全にデルタヘッジ(カバー)をするにも

既にC28000はインザマネーなので

CALL売り1枚につき先物ミニ10枚の買いが必要でさらに証拠金が必要です

たった32000円の利益を取りに行っただけなのに、、、です

この通り

売りはちょっと間違えただけで

損切りできないとドツボにはまります

実際ギリギリ助かったりすることも多いので損切りしない人も多いです

自分も昔ショートストラングルで

ファーPUT/CALLの売りばかりしていた時はできませんでした

まさか、25500円から短期で28000円以上まで上昇するなんて誰も思いませんよね

PUT売りを警戒する人は多いですが

CALLのほうがPUTよりプレミアムが安い分

利益を上げるために現在価格により近い権利行使価格を売る事が多いので

イン・ザ・マネーになる確率もPUTより高く

CALL売りで一発大損する人も以外多いのです

海外勢の売買動向はどうだったのでしょう

みずほのTOPIX買い

昨日に引き続き、ゴールドマンのTOPIX売りが目立ちます

今日の手口を見る限り、ゴールドマンはまだコールを買っているようです

今日の建玉上昇です

結果的に今月も今の所うまくいっているようです

28000円以上だと利益のポジションです

オプション戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント