ゴールドマン先物買い復活

市場状況

ゴールドとはいっても今度はゴールドマンの方です

やはりオプションをやってる人はゴールドマンは興味あってもゴールドには興味なさそう

それはさておき、日経は本日大幅な下げとなり、450円近い下落

タリバンというよりアジア市場の下げの要因の方が大きいと思いますが

果たして海外勢も売ってるのでしょうか

どうやら止まったように見えたゴールドマンは買いを再開したようです

しかしクレディスイスはその倍近く売ってますね

これら2つ証券会社はどちらも短期相場の方向性に影響する場合が多いので気になります

先物・手口情報

オプション建玉はどうでしょう

まずはアムロとクレディスイス

アムロは28000円以上に行けば有利なポジションのようです

クレディスイスは下の方でプット買いもあるようですが

P28000を売っているので

このP28000売りのヘッジとしてプットを買っているのかも

いずれにせよ、あまり大きなポジションはまだ持っていないようで

気にするほどではないかと思います

オプション建玉(参加者別)

ゴールドマンはどうでしょう

P28000買いが一番大きいようです

先物は買いながらも

オプションで下げのヘッジをしているのでしょうか

それともP28250売りでP28000買いのコストを下げるためか

そもそもP28250円は100万単位のプットで、権利行使価格が大きい

相場が28250円以上にならないと利益になりません

プット買いのコストを部分的に補う目的で売っているのかもしれませんが

インザマネーのプットを売るというのは怖くて素人には真似でない戦略です

今後も注視していきたいものです

ちなみに私もプット買いはそのままで、日中、日経平均先物ミニを5枚ほど買いました

ポジション詳細については後ほど詳しく述べます

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

👆少しでもいいと思われましたら、上のブログ村ランキング応援クリックよろしくお願いします

オプション取引のおすすめの書籍は、これを読めばいいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、本来オプションは理解するまですごく時間がかかります

ただ、一度理解すれば慣れてくるので是非読んでみてください

カプランのオプション売買戦略 – 優位性を味方につけ市場に勝つ方法 大型本 – 2000/2/1 デビッド L カプラン (著), 増田 丞美 (著), David L. Caplan (著) 6,380円
created by Rinker

チャート分析をもっと知りたい場合は以下の書籍をお勧めします

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

コメント