ウェイクアップコールの利回り3%ボディーブロー

市場状況

S&P500は一時安値を更新しましたが

その後どうにか持ち直したようです

このところ米国債10年利回りが上昇しても

Nasdaqなどは上昇することもあったようですが

さすがに3%を一時超えたのはインパクトがあったようです

3月ごろは1.7%だったのでほぼ2倍程度まで上昇してきました

日経平均はというと

ご覧の通り、安値を更新することjは一度もなく

下げてもボリンジャーバンド−1シグマまでにとどまっています

これは円安による輸出企業の決算が良かったことが影響しているのと

円安により割安になっている日本株を外国人が買っているからだと言われています

直近は定かではないですが

このところ現物株を海外勢が買っているのは確かで

先物で売り仕掛けて、安く日本株を仕込んでいるのかもしれません

ロシア関連のプロジェクトが1015億円とダメージが大きかったと思われた三井物産

そのダメージをもろともしない最高益となっており

純利益が前の期比2.7倍となったようです

原油の高騰が大きな利益をもたらしているものだと思います

伊藤忠商事もITや生活消費関連など

非資源事業が全体の業績をけん引し大きく利益を伸ばし

以前大量に商社全社を大人買いしていたウォーレン・バフェットさんは大当たりでしょう

三井物産が最高益、ロシア関連損失1015億円 22年3月期
三井物産が2日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比2.7倍の9147億円と過去最高だった。鉄鉱石などの価格上昇で資源分野の利益が急増した。ヘルスケア分野なども伸びた。液化天然ガス(LNG)関連などのロシア事業では純資産に直入する分も含め1015億円の損失を計上した。会計基準の変更を考慮...

S&P500も日経平均も三角持ち合いを下抜けしたままの状態なので

下有利というのは変わりません

だだ、いくらP25000やP26000の建玉が増えたとしても

その価格まで下げるということではなく

大手保険や証券会社などがいざ下げた時に

現物株を守るための掛け捨て保険として保持している事も多く

連休中に株価が下がると煽ってる占い師は無視でいいと思います

だれもどう動くかはわかりません

自分の今のポジションは26000円まで行くと利益が最大になり

それ以上下げると利益がだんだん減っていきます

もし上昇した場合も27500円以上にならなければ利益はそれほど減らないようなポジションです

以前お伝えしたカレンダースプレッドもまだ保持しており

微益ですが多分損にはならないと思うのでそのままで、どうなるか見守っています

それぞれの戦略のまとめ記事

コールオプション戦略のまとめ

プットオプション戦略のまとめ

ぜひこちらも参考にしてください

オプション取引のおすすめ書籍と動画

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント